Daily Archives: 2016-05-19

のぞき本舗中村屋はトイレ盗撮の無修正盗撮動画を月額定額で配信

もうこの頃から私とのぞき本舗中村屋には繋がっている部分がなくなっていたのかもしれない。のぞき本舗中村屋が言った言葉の数々が私を追い込んでいった。同時に、私の頭の中にはトイレ盗撮の店でのイベント中にのぞき本舗中村屋がマワされ、感じまくっている姿、決して嫌がらない表情が思い浮かぶ度に『もうダメかもしれない』と思うようになっていた。そんな生活が3ヶ月ほど続いた頃だった。私はその間ものぞき本舗中村屋に呼び出されてはのぞき本舗中村屋と別れることを要求されていた。正直、ウザい感じはあったので、のぞき本舗中村屋と別れることも考えないではなかった。しかし、のぞき本舗中村屋と別れないことでのぞき本舗中村屋への抵抗になるのだ、とも考えていた。あれだけのことを言ったのぞき本舗中村屋の存在は、私の中で無視できないものだったが故に、のぞき本舗中村屋を渡したくなかったのだ。私とのぞき本舗中村屋との生活には何の歪みもなかったし、のぞき本舗中村屋の行動は知らないことが多かったが、知ってかっこ悪い嫉妬をするよりは知らない方がマシとも思っていたから、のぞき本舗中村屋と別れるにはのぞき本舗中村屋自身の言葉が必要だと考えていた。私とのぞき本舗中村屋、二人でこれまで話していないことを話し、互いを本当に理解した上でのぞき本舗中村屋と別れるのが筋だ、そんな風に思い込んでいた私はのぞき本舗中村屋への対抗心もあって、のぞき本舗中村屋との生活を終わらせたくなかったのだ。そこに私がのぞき本舗中村屋に対して『好き』という感情が抜けていることに気づいていたのにも関わらず、私は意地になっていたのだ。そんなある夕飯の後、二人でリビングにいるとき、のぞき本舗中村屋は一枚の封筒を私に手渡した。「これ、中を見て欲しいん」「ん?なにこれ?」「ん、中、見てみて」のぞき本舗中村屋から手渡された真っ白い封筒には、二つ折りのカードが入っていた。「これ?」「うん、それ。」私はそのカードを開いた。『ご招待』と書かれたそのカードには、日時と場所だけが書かれていた。「これ、なに?」「・・・のぞき本舗中村屋くん、無修正盗撮、この部屋を出ようと思うん」のぞき本舗中村屋ははっきりとそう言った。「え?どういうこと?」私は手にしたカードが何なのか分からないまま、のぞき本舗中村屋のその一言で激しく動揺した。本当にその一瞬、私は心臓が止まったかと思うくらいショックだったのだ。「何、言ってんの?え?何?」「ううん、聞いてほしいの・・無修正盗撮ね、ここを出ようと思ってるん」「・・・」私は何を言っていいのか分からないまま、のぞき本舗中村屋の話を聞いた。「部屋を出る・・どういうこと?」「うん・・無修正盗撮、一人で暮らそうと思うん」「・・・」私はのぞき本舗中村屋が『別れ』を切り出したんだと分かった。

のぞき本舗中村屋にスマホで入会の詳細はコチラ